美文字 コツ

 

字が下手で人前で字を書くのが悩みという人は実は多いんです。普段はパソコンで文字を書くのでごまかせますが、「自筆で書いてください」などと言われたらどうしようかなと思ってしまいますね。また「履歴書は手書きで」というのも多く字が汚いと不利ですね。
また字が汚いと人柄まで雑な人に見られないかなと心配ですね。

 

就活での筆記試験でも字がきれいならば断然有利です。面接で「字がきれいですね。」と言われたという人もいるそうです。
やはり印象が良くなりますね。

 

子供が学校に入学すればの持ち物への名前を書くものがたくさんあります。「子供より下手な字」なんていわれたくないですよね。

 

ペン字を習いたいと思っても、すぐには上手になれないとおもっていませんか? 
実はあっと言う間に上達するコツがあるのです。 

 

上達するにはコツがあった!

 

文章の7割がひらがなって知ってましたか?つまりひらがなを上手に書けば字が上手になるのです。ほとんどの人はこのことを知りません。難しい漢字を習ったりしてしまいます。でも字の上手になるコツは「ひらがなをしっかり習う」ということだったのです。ニッペンは最初にひらがなをしっかりと練習していきますので、練習始めてすぐに上達が実感できます。

 

 

 

 

上達の為にどんな練習をすればよいの?

 

  〇 1日10分毎日練習しましょう
       1週間に1回1時間よりも毎日10分練習した方が上達します。
   お手本の文字をそっくりにまねる
       お手本は見ているようであまり見ていません。文字がそっくりとは重なるほどそっくりということです。 
   ひらがなの形を完全に覚えるまで練習しましょう。
       手本を見ないでもいつも同じ形がかけるようにします。